【体験レポート】

はじめて、このサイトを訪れたときに私と同じ感覚の人がいるのだと安心したのと、自分探しの源にたどり着いたような思いで、読みました。そして共感しました。
彼氏とセックスをして欲しいときに自分から言い出せずに、そういう雰囲気になっても腰が引けていました。彼から強引に誘って欲しい。男性がリードをするべきだと当初は考えておりました。しかし、性体験を重ねるたびにそれは違うことに気がついたのです。

セックスのときに、じらされたり、言葉で罵られたりすることで、もう一人の自分が自然に反応してしまうのです。恥ずかしいくらいに、あそこが熱くなり溢れるように濡れてしまいます。その行為が「虐められる」と言われるものである事を知りました。

エッチなことを自分からは言い出せないけれど、命令をされることに従うことで、どんなにいやらしいことでも出来てしまう私がいました。「おまえはスケベな女だ。こうしてもらいたいのに、虐められることによって、その快楽を得ようとしている口実が欲しいだけなんだろう」私の頭の中は真っ白になり、膝がブルブル震え、今迄にない快感が寄せてくるのです。

奥手といえば、そうなのかもしれません。人から見れば大人しいね、とてもそんな事ができるようには見えないらしいです。彼氏と別れて依頼、普通のセックスでは満足ができないのです。現在、お付き合いしている彼にさりげなくシグナルを出しては見ました。しかし、そういうタイプではないのが最近ハッキリしました。かといって、別れたくは有りません。それ以外は何も問題がないのです。そこで、都合のよいのは勝手ですが、ここで私を虐めていただける男性を求めて、藁をもすがる思いでお願いしました。

止めたくなれば何時でも止めてもよい。
絶対に他人には知られる事がないし、ばらさない。
後腐れなく、その時だけのお約束。

イライラしてる時とかストレスたまってるときに、特に苛めて欲しくなります。
苛めて欲しいっていう欲求が湧き出したとき、エッチがしたくなるのです。
色んなことで悩んでる時とか、なんも考えられなくなるほど、めちゃくちゃにして欲しいって思います。あの時だけが無心になれます。

紹介していただいた男性会員の方と駅の改札口で待ち合わせをしました。
背の高い、大変紳士的な気配りで、意外と優しいのに、こちらが照れました。
ホテルに入ると、がらりと豹変してしまうのではないかと、ハラハラ、わくわくしておりましたが、ずって丁寧に優しく取り扱っていただきました。

始まりは普通のエッチなんだけれど、言葉巧みに恥ずかしい言葉を言わされたりして、私の身体の反応を探ってました。次第に、スイッチが入ったかのように、私の身体は別人になりました。すると、軽く縛るからね、痛いようであれば、言ってね。直ぐにほどくようにするからね、と言われて両手を縛り始めました。こすれるロープの感触が愛撫に似ていて、なんともいえない心地よさと、感触です。次に後ろ手に回されました。両足も、閉じないように、縛られました。次に目隠しをさせられました。暫くの時間、放置され音だけに神経が向かいました。水をとく音が、洗面台の方角から聴こえてきます。それが、ぬるぬるしたローションであると知るのに時間はかかりませんでした。生温かくて、気持ちがよい。モーターの音がして、私のあそこに…。

マグロのように何度もビクビクしていたそうです。
自分でも何度逝ったのかわかりません。終わった後に我に返りました。
目隠しをとっていただいて、抱擁をされました。それはなんともいえない達成感と、母親に抱きしめられるように包まれる幸せに感じました。

この様な体験をさせていただきまして、誠に有難うございました。
これが無料で体験できるなんて、幸せです。
また、機会があれば同じ会員様でお願いしたいです。



・勇気をだしてソフトSM体験をされた女性の一例になります。(ご本人様の特定がされない範囲での文面掲載の許可を頂いております。)

スパンキング希望の女性はこちらへ
スパンキング体験談が掲載されております。


[HOME]


Copyright(c)2006-2017 M女.jp,Inc.All Rights Reserved.