エムじょTOP
えむじょTOP

M女カウンセリングールームのご紹介

マゾかもしれない潜在意識。

子供の頃見た雑誌の緊縛写真を見た『絵』が頭から離れない。

思春期になる頃から、マゾ性を自覚することになった。

一度だけでもオーガズムに達するようなSMプレイをされてみたい。

どんなSMプレイが自分に適しているのか体験してみたい。

蝋燭でたらされて悶えている女性と同じ体験がしたい。

処女でも、SM体験してみたい。

など人それぞれのSM観があり、願望があります。そして、自分が求めているSMをしてみたい女性は多くおられます。

しかしながら、その興味を満たしてくれるパートナーが不足しております。
プライベートでは相談できる相手がいないと、SM系の雑誌や同人誌を通じてパートナーを探したりするものです。

近年では、ネットなどによるパートナー探しも安易にできるようになりました。

匿名のパートナーとのSMプレイは危険です。

ところが、この安易にできる裏側で、実際にプレイをしてみたけれどSM嗜好が合わず止めてもらおうとしたが、止めてくれなかった。

強姦に似た屈辱感と、後悔の念に悩まされたという事件も珍しくありません。

中にはストーカー的なつきまといをされてしまい私生活との分別が出来なくなってしまった。

日常の生活に支障をきたすようになってしまった。
最初はよかったものの、パートナーと別れようとしたら、SMプレイ内容を知り合いにばらすぞと脅されたり、腐れ縁のような関係になることがあります。
通常の恋愛によるSEX(セックス)概念とは違い、その都度区切りをしたいプレイを望まれる女性が数多くおられます。

SMというキーワードはアブノーマルな性に対する女性の好奇心を刺激し、SMに興味ある女性にとって魅力的な世界である反面、危険な側面も多いのも事実です。

そこで、後腐れのないパートナーを無償でご紹介することができるのが『M女.JP』です。

トラブルとは無縁で、安心してご利用が出来ます。

next

あなたはどんな「性的嗜好」でお悩みですか?

M女カウンセリングールームのご紹介

M女によくある症状

M女の本当の姿

異常(変態)性欲の悩み

誰にもいえなかった悩み

とりあえず体験してみようかな!


M女戻る】

SM体験談

ひとりエッチのお手伝い

Copyright(c)2006-2017 M女.jp,Inc.All Rights Reserved.