服を着たままでOK|処女(バージン)SMパートナー募集!

処女(バージン)SM体験談|大学生

はじめまして。
HPを拝見させていただいてメールさせていただきました。
わたしは現在、処女(バージン)ですがSMに興味があります。
子供の頃、椅子に縛られた女性がいやらしい男性に悪戯をされているシーンをテレビで見ました。
その場面が大人になっても焼きついて、忘れられません。
このような話題を友達に打ち明けたら、変わり者だというのです。
悪戯をされるときは、服を着たままして欲しいのです。
これを言い出すと、たいていは変な顔をされます。悪い冗談だろうと、思われます。
何度かセックスをしているように思われています。
わたしは男性経験がありません。恋人が出来て、そういう間柄になっても、服を着たままセックスをしたいことを要望すると、最初はあわせてくれていたのですが、最後には喧嘩になります。
そんなことで、未だに特定の彼はいません。
エッチが嫌いなわけではないのです。きちんと感じます。気持ちよくなると、恥ずかしいくらい濡れます。
体が温まってきてから、上着をずらして、素肌がちらりとみえて、それを合図に興奮する男性の行動がたまらないのです。
パンストは全部下ろさずに途中のままでするのがよいのです。
そんな私が興味がわいていたのは、電気アンマです。これは、下着を着けたまま。服を着たままでも攻撃できるものらしく、それでもいいといわれました。
そこで、ここで紹介していただいた男性(サポーター)に初電マを体験させていただきました。
下着の上から、電マをあてられました。正直、気持ちいいこと通過して、直下型快感でした。
気がつくと、体中に、エクスタシーと同じ快感が走り出しました。
愛撫をかけて、一時間はかかるものが、あっとう間に、エクスタシーでした。マジ、やばりしろものでしょ。
休憩を何度も入れながら、攻撃されているうちに、下着がぐちょぐちょになって、気持ち悪くなりました。
初めて、下着をとってもいいと思えたのは、この時位です。
最初、電マ攻撃が終わって、私も逝っているので、満足しているのかと、サポーターの方が帰ろうとしたので、火照ったからだの責任をとるように言いました。
電マで逝った後の愛撫は、また格別でした。ご馳走様でした。

あなたはどんな「ご主人さま」に召されたいですか?

SMは頭で考えずに、身体で感じるものです。好奇心が、あるのであれば未経験者でも大丈夫。一緒に参加してみませんか?

とりあえず体験してみようかな!

もしも万が一、途中で怖くなったり、イヤになったりすればいつでも止められます。そういう約束を交わしてから、まずはお話だけでもいかがでしょうか?きっと、刺激的なお時間を共有できるはずです。

戻る

Copyright(c)2006-2017 M女.JP,Inc.All Rights Reserved.